https://sax-blue02.hatenablog.com/entry/practice

赤と空のブルー

社会人3年目続けることをモットーに毎日イラストと好きなことを雑多に綴ってます。

【文具箱】プチプラ万年筆の沼

 

f:id:sax_blue02:20200919181814j:image

 

こんにちは。今回のテーマはお手軽万年筆です。

1年くらい前に少しだけ万年筆やインクの沼に浸かっていた時期に集めた5000円以下のお手軽万年筆に久しぶりにインクを入れたのでついでにざっくりど素人の所感で比較を作ってみました。

 

 

 

Kaweco (カヴェコ)

f:id:sax_blue02:20200919182045j:image

1883年ドイツで創業し、1976年に廃業。その後1995年にドイツのグットバレット社により復刻された筆記具ブランド。

この万年筆は「スカイラインスポーツ」というシリーズで定価3,500円

黒のボディに金のペン先と装飾がついている見た目がストライクで購入しました。

 

f:id:sax_blue02:20200919182115j:image

スカイラインは黒以外にもパステルカラーやレトロチックなグリーンなど色のバリエーションが豊富。

雑貨店でも見かけることがありますが、私は見比べてみたかったので伊東屋で購入しました。

使ってみると微妙に角度によって文字がかすれる時があります。私が下手なんかな。。

 

 

preppy (プレピー)

f:id:sax_blue02:20200919183900j:image

プラチナ万年筆が手がける超お手軽万年筆の代表!

個人的に一番書き心地がいいです。

さらさらかけてかすれは無く、カヴェコよりペン先は柔らかい気がします。

 

カートリッジが入っているタイプだと全7色出ていて、大抵の文具店には置いてあるのでカラーペン並の入手のしやすさ。

写真のクリスタル(細字)タイプはある程度種類のあるお店に限られますが、定価400円の激安。

別売のコンバーターがゴールドなのもちょっと高見えして可愛いです。

 

 

HERBIN (エルバン)

f:id:sax_blue02:20200919185058j:image

1670年からつづく伝統あるフランスのブランド。万年筆というよりはインクの方が有名かと思います。

ガラスペンやシーリングワックスなど古くから続くアイテムを作り続けています。

f:id:sax_blue02:20200919185342j:image

写真のコンバーター付万年筆は定価1760円。コンバーター込だと考えると良心的。

すっごく似た見た目でボールペンタイプも販売しているので購入時はご注意を。

前2本と比べるとペン先はやや硬めでコツコツとした感じ(どんなだよ)。

インクのかすれはないです。

 

 

Fonte (フォンテ)

f:id:sax_blue02:20200919190319j:image

こちらは女子文具博・インク沼で出会った日本出版が手がけるスケルトン万年筆。

コンバーター付では破格の定価600円。

 

f:id:sax_blue02:20200919190604j:image

ゴールド金具も可愛い…

ペン先はプレピーより少し硬いくらい?

個人の所感によりますが、日常的にはペンしか使わない人でも馴染みやすい書き味。

インクを楽しみたい人にはぴったりです。

 

 

kakuno (カクノ)

f:id:sax_blue02:20200919191118j:image

おそらく店頭での遭遇率はナンバー1では?

言わずと知れたパイロットの初心者向け万年筆。定価1000円。

 

f:id:sax_blue02:20200919191232j:image

ペン先の柔軟性は今回の6本の中では一番柔らかい印象。

使ってるのが極細タイプなのでその分書き味はカリカリと少し引っかかる感じです。

インクがあまり滲まないというか、インク入れたばかりでも出過ぎないような気がします。

 

LAMY safari (ラミー サファリ) 

f:id:sax_blue02:20200919191005j:image

こちらも有名どころ。ギフトとしても人気の高いドイツ産万年筆LAMY。

プラスチック製ボディのサファリは定価4000円。

 

f:id:sax_blue02:20200920072808j:plain

大きなクリップのついたスタイリッシュな見た目と、毎年新色が発表されるバリエーションの豊かさも魅力。

中字に当たる「F」を使用していますが、ペン先は硬め。カリカリとした書き味ですがインクの出方は均一。「書いてる」感が強いです。

 

 

 

 

書き味だけの印象だと海外製ブランドは硬めで万年筆らしく、日本製ブランドはカクノ以外は柔らかめでペンに近いかなという感じでした。

これから試してみたい方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ