https://sax-blue02.hatenablog.com/entry/practice

赤と空のブルー

社会人3年目続けることをモットーに毎日イラストと好きなことを雑多に綴ってます。

【文具箱】マスキングテープ① mtとmaste

f:id:sax_blue02:20200525114654j:plain


こんにちは。

今回はマスキングテープの代表ブランド「mt」と「maste」から黄色いテープを集めてみました。

 

 

mt  と maste

f:id:sax_blue02:20200525115502j:plain



 カモ井の「mt」

ステーショナリー雑貨としてのマスキングテープでは最大手の「mt」を手掛けているのは大正12年創業、90年以上の歴史を誇る岡山のカモ井加工紙株式会社

今でも工業用の資材や捕虫用製品を作っている会社で、元々資材としてのマスキングテープを作っていました。

 

現在のマスキングテープブランド「mt」を販売開始したのは2008年。

無地のものだけでも繊細な色分けでカラーバリエーションが豊富な上、全国各地で行われる特別展やデザイナーとのコラボ商品などとにかく柄の幅が広い。

オリジナル商品もシーズンごとに新作が発表され、収集家の心をくすぐられます。

私も持ってるマスキングテープの半分以上はmtです。

 

ネット限定柄や地域限定品の特別販売も定期的にあるので、オンラインに手を出すともう底無し沼です。

今回使ってるミカン柄は正にそう。抽選式の限定販売なのでついつい注文してしまいますね。

 

工場見学は予約争奪戦状態、路面店のmt lab.は待望の2号店が6月に大阪にオープンを控えています。

 

www.masking-tape.jp

 

マークス×リンレイテープの「maste」

f:id:sax_blue02:20200525115534j:plain


一般的なマスキングテープよりもやや小さいサイズが特徴なのが2013年に発売開始されたのが「maste」。

こちらはデザインステーショナリー会社のマークスと和紙テープ専業メーカーのリンレイテープが製作しています。

ちなみにリンレイテープは「maste」とは別の独自のマスキングテープブランドも持っています。

よくマスキングテープの略称として「マステ」という言葉が使われますが、実はこの2社の登録商標に当たります。

 

「maste」も柄の更新等はありますが、「mt」ほどの回転ではなく、定番商品の入れ替わりがメイン。

どちらかというとテープの性能そのものへの広がりが顕著で、香り付きやパール加工、水性ペンでかけるテープやそれを利用したライフログ用のマスキングテープなどを展開しています。

「mt」がコレクション性が強いことと比較すると、文具好き女子にとっての実用性が強めといったところでしょうか。

 

デザインも女子っぽいのがちょっと多いです。

 

f:id:sax_blue02:20200525123358j:plain

 

www.online-marks.com

 

 


今回使ったマスキングテープ

 

f:id:sax_blue02:20200525115712j:plain

 

そんなこんなで、今回説明を書いたリフィルに貼っていたのはこの9種類。

パッケージを保管していないのでどれがなんという名前かはよくわからないんですが、mtの柄物は右上の方眼以外は現在販売しているか微妙な気がします。。魚はありそうかも。

ミカンはネットの抽選販売なんですが、ラッピングはどうだったかな。。

柄が多すぎて覚えてません。

 

もうすぐ自粛明けなのでまた大きめのマスキングテープ売り場を漁りに行きたいです。

 

 

<前回>

 

sax-blue02.hatenablog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ